【ご提案・解決法】

賃貸借契約の条件である「居住用目的」、「猫2匹まで」に違反しています。

つまり、ブリーダーとしてということは「事業目的」ということになりますので、用途違反であり、解約事由となります。

賃貸借契約の解約に当たり、原状回復を賃借人へ求めてください。

壁紙・建具の交換、設備の劣化等は、損害の状況を写真で撮るなどして、原状回復請求の根拠を説明した方が良いでしょう。