【ご提案・解決法】

地主さんから長期間土地を借りていても、借地権者が優先的に当該土地所有権を購入できる権利はありませんので、先ずは、地主さんと交渉してみることになります。

つまり、地主さんに、借地部分の土地を売却する意向はないか確認してみることが第一歩となります。

仮に、地主さんが「売却意向はない」との回答であれば、当然にこの話はなくなります。

その場合には、地主さんの相続等が発生した際に、改めて打診してみてどうかということになります。

また、地主さんが売却してもよいとの回答があった場合には、「購入金額をいくらにするか」が課題となります。地主さんが、どのくらいの金額であれば売却してくれるかを先ずは確認します。その価格が適正な水準にあるかは、専門家に確認する必要があります。

適正な価格水準を知りたい等ありましたら、当協会までお問合せください。