【ご提案・解決法】

各アパートから得られる年間収入から年間経費を差し引き、手元に残る年間の純収益を算定します。

その純収益は、各アパートで相違することになると思いますので、純収益を多くもらっている方を規準に、その差額を算定します。

その差額に任意の年数(例:10年)を乗じて、その不足している額を現預金から支給することで、3人のお子様の相続財産は、ほぼ平等になると思います。

当該計算にあたっては、相続専門の税理士による試算が必要となりますので、事前に相談して相続発生前に対策を講じていくことが重要だと思います。