home > 日本地主家主協会について > 和楽(会報誌)

和楽(会報誌)

「和楽」はオーナー様向けに毎月発行している会報誌です。
今年で29年目を迎え、賃貸経営に関する専門家の解説や、行政ニュース、セミナー開催情報など、お役に立つ情報を掲載しております。
東京都、神奈川県などの各市町村をはじめ、首都圏主要都市の行政担当部署にも配布させて頂いております。

高齢者等への賃貸の問題をスムーズに解決!  ㈱リーガルスムーズが提供する月額300円からのサービス(2021.07)

株式会社リーガルスムーズ

代表取締役 川上 明様

高齢者の方にお部屋を貸すと、孤独死や残置物処理、滞納などの心配があるため、どうしても敬遠されがちです。

その問題を一手に引き受けるのが㈱リーガルスムーズです。契約件数はすでに43,000件を超え、不動産管理会社との代理店契約も6,800社に。今月号は、代表取締役 川上  明様にお話を伺います。

 

手塚) 居住支援協議会や居住支援法人が各自治体で設置され、私たちの協会も東京都や世田谷区、調布市、神奈川県などで、委員として参画させて頂いています。

定期的に議論する中で、依然として根本的な解決に至らないのが高齢者などの入居促進です。特に、調布市や狛江市では、高齢者などの住宅相談を担当しており、地元の不動産会社と協力して転居先を探すお手伝いをしていますが、オーナーさんからすると、孤独死や残置物処理、家賃の滞納が心配で契約に至らないことがあります。御社が取り組まれているサービスが、この根本的な解決になるのではないかと思い、対談させて頂きました。

まずは、会社設立の経緯や社名の由来、サービス内容についてお伺いします。

 

【スムービングサービスとは】

川上) 社名は、「リーガル(法的)な問題をスムーズに解決する」という意味です。

賃貸物件の契約者が非常事由(夜逃げや孤独死等)の状況になった際に、弊社が賃貸借契約の解除から残置物の撤去、ハウスクリーニングまで行い、通報から最短1ヶ月で原状回復まで行う「スムービングサービス」というサービスを提供しております。わずかな利用料で、孤独死等による損害や、それに伴う膨大な手続きの労力を最小限に抑えることができ、オーナー様やご高齢の賃借人様、不動産管理会社に大変好評を頂いております。 「スムービング」は、このような非常事由が起きたら、「スムーズに動く(ムービング)」から取った造語です。「賃貸物件において周囲に迷惑をかけない」という入居者側の目線で解決できるのが当社のスムービングサービスだと自負しております。

 

【家賃保証会社の審査が通れば誰でも契約できる】

手塚) 契約の時はどのような手続きをするのでしょうか。

 

川上) 契約者は入居者になります。原則、家賃保証会社の審査が通った方であれば、どなたでもご契約頂けます。弊社が代理店契約を結んでいる全国の不動産管理会社や家賃保証会社と入居者が賃貸借契約を結ぶ際に、弊社の「スムービングサービス」を付帯するという形になります。

続きは本誌にて…

バックナンバー